スポンサーサイト

2014.02.06 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    新聞ネタ

    2014.02.06 Thursday

    0
      JUGEMテーマ:医療崩壊
      かかりつけ医に持つ医師には、正直で勉強熱心な人が適しています。
      しかし、そうしたク人柄″は、通常の診療ではなかなかわかりにくいものです。
      それでも、この二つの要素がわかりやすいアプローチがあります。
      それは、新聞や雑誌などで見かけた最新医療に関する話題を振ってみるというものです。
      ロボット手術でもカプセル内視鏡でもなんでもいいから、雑談の話題として「どう思いますか?」と尋ねてみます。
      間髪いれずに即答するようなら勉強している証拠なのでク勉強熱心″はクリアです。
      即答できない場合はその話題については勉強していないか、興味がないのかもしれません。
      しかし、「ごめんなさい、よく知らないんです」とか、「次の診察日までに勉強しておきますよ」と答える医師であればク正直″はクリアです。
      一方、「そんなことはあなたの治療には関係ないよ」とか、「そんな先端技術はごく一部のものであって、一般化するのはまだ先のこと」などと自分たちとは無関係であることを強調したり、あからさまに「素人がそんなことに興味を持つ必要はない」といった表情で不機嫌になるようであれば、かかりつけ医にするのは避けるべきでしょう神経内科 求人
      最新医療に対する興味の有無は、医師自身よりも、その医師をかかりつけ医に持つ患者にとって大きな問題となるのです。
      「そんなことは大学の医者に聞いてくれ」と開き直るような医者とは、最初から付き合うべきではないでしょう。

      スポンサーサイト

      2014.02.06 Thursday

      0
        関連する記事